アバナフィルの良さを知る

アバナフィル誕生までの歩み

 
アバナフィルが生まれるきっかけとなったのは、日本の田辺三菱製薬や副作用が少なく、なおかつ効き目の早い勃起不全治療薬の開発が元になっています。

2001年に日本を含む一部アジア圏以外での開発・販売権をアメリカのヴィーヴァス社に渡しました。

そこからヴィーヴァス社はPDE5阻害剤「T-1790」が、2012年4月27日にアメリカ食品医薬品局に承認され、商品名をステンドラとして発売されるようになったのです。

PDE5阻害剤「T-1790」のことを一般名ではアバナフィルと呼んでいます。

また欧州でもヴィーヴァス社が2013年3月に勃起不全治療薬として「SPEDRA」として、承認申告し、同年6月26日に認可を取得しています。

アジア圏では2011年11月10日から「ZEPEEDR」という名前で販売を行っています。

残念ながら、日本でのアバナフィルの正規販売はまだまだ先という状態ですので、いち早く利用したいと考えている方は、個人輸入などで海外から取り寄せる方法しかありません。

アバナフィルはこれまでのレビトラよりも効き目が早く現れ、シリアスよりも食事での影響が左右されないので、これから最も期待されているED治療薬と考えて問題ないでしょう。

2つの良い所取りをしたのがアバナフィルといえるわけです。

アバナフィルは50mg、100mg、200mgという容量で販売されているので、お好きな容量が選べますが、初めて利用する方は100mgのものを使うように勧められています。

アバナフィルが加わることで、ED治療薬は4種類になり選択肢が増えたことは喜ばしいでしょう。

これまでの治療薬に満足できなかった、副作用が強すぎたという方は希望が見えたのではないでしょうか。

効果が大きいレビトラが副作用で利用できなかった方は、同等かそれ以上の効果が期待できるアバナフィルをお試しください。


最強の治療薬アバナフィルの特徴

 
日本の製薬会社として有名な田辺製薬が研究を進めてきたED治療薬はこれまでのED治療薬の弱点を解消するのが目的でした。

そして研究がアメリカの会社へ譲られて、アバナフィルとして日の目を見る事になったのです。

主な改良点としてあげられるのが、食事における効果の維持、即効性、副作用の低減です。

実際にアバナフィルが発売されて、数ヶ月ですが上記の改良点などは、利用者の体験談を聴く限り、目的通りの効果が発揮されているようです。

その中でも食事における効果の維持性というのは素晴らしく、仮に食事の途中で服用をしたとしても、きちんとした効果が得られると証明されています。

もちろん即効性があるアバナフィルですから、デートの食事中に服用するという必要もなく、食事が終わり、ホテルに到着後に服用しても十分に効果を発揮してくれます。

理由としては、服用から15分程度で効き目が現れますから、会話を楽しんでいる間に効果が現れるからです。

これまでEDに悩んできたが、副作用の問題で利用できないと諦めていた方は、アバナフィルを一度試してみてはいかがでしょうか。

更にこれまでのED治療薬で副作用が小さかったという人も、アバナフィルに変えることで、副作用が感じなくなるかもしれません。

効果、即効性、副作用の面から見ても、アバナフィルはとてもオススメなED治療薬でしょう。

最近はアバナフィル200mgも発売され、治療薬としては最強と言っても間違いないと思います。

これまでの薬で、効果を認識できなかったという方も、アバナフィルで救われるかもしれないのです。

これを機会に試す勝ちはあると思いますよ。

諦めないで欲しいものですね。